読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RHCPを初めて聞いた時の衝撃。なぜあんなに強烈だったんだろうか。

 Red Hot Chili Peppersというアメリカの超人気バンドがある。海外のロックバンドの中でも、日本で1番人気があるらしい。ちなみにRADWIMPSのメンバー全員がRHCPのファンで影響を受けているらしい。あまり、詳しいことは知らない。

 なにせ、僕がこのバンドを知ったのは結構最近。高校生になってからだ。

 自分でも驚きである。洋楽とか正直全然興味ない。だって歌詞がわからないし。英語の授業嫌いだし。英語は苦手。  それなのに、Red Hot Chili Peppersの『Can't Stop』を聞いた時、「やっべぇ! 超カッケェ!」って叫んだのだ。

 つまるところ、『音楽は国境をこえる』というやつなんだろう。

 そういうわけでRHCPについて調べてみたところ、ベースのフリーという人は特に凄いらしい。いや、たぶんそういう知識がなくてもわかると思う。「うわ、ベースかっけぇ」ってなる。多分。

 ほとんどの曲において、ベースがベンベンベンベン鳴ってる。めちゃめちゃ存在感がある。

 他はよく知らないけれど、メンバー全員の技術がとにかく凄いらしい。そのへんの詳しいことはよくわからないけど、個人的にボーカルの人は好きだ。  『Can't Stop』のMVでの動きが最高にいい。クセになる。『all for you〜♪』のときの顔がいい。かわいい()いや、ホントに。オッサンだけどかわいい。ぜひとも検索してみてほしい。

 あの衝撃が何故なのか、はっきりと答えを出すのは難しい。  たぶん、ボーカルの声、リズム、ベースラインといったところが理由なんだろうと思うけれど、やっぱり一番は『今まで触れたことがなかった』ということだと思う。

 つまり、僕が言いたいのは『聴かず嫌いはもったいない』ってこと。だから『RHCP』を聴いてほしいってこと。

 余談だけど、洋楽好きなやつってだいたい英語得意だよな。