読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Orangestarとかいう超絶ハイセンスボカロP

ボカロ レビュー 音楽

 ボカロ嫌いが多いこの世の中。なぜだ。なぜこんな世界になってしまった……。

 あえて言おう。第1級戦犯は間違いなく『千本桜』。  小林幸子が歌ったらだめじゃん。歌詞の中身スカスカってバレちまうだろ……。

   成長とともにボカロから離れ、ロックバンド大好き野郎になってしまった僕。「最近のボカロがなかなかイイ」という情報を聞きつけ、さっそく調べてみた。

 すると目にとまったのは『Orangestar』という名前。もう既にかっこいい。  最初に聴いたのは『Alice in 冷蔵庫』という曲。絶対気になる題名でしょ、これ。

https://youtu.be/jQmYZWjLwzw

 イントロのメロディー気持ちよすぎ。トゥルルルトゥルルルトゥルルトゥルルル がめっちゃ頭に残る。そして、その後ろで鳴ってるベース。疾走感がいい。すごい追いかけたくなる。

 そしてIA様。やっぱ大好きでございます。

 注目すべきは歌詞  一部、僕が好きなところを引用して見てみよう。

言葉よ意味を成せ 冷やかな世界 病みの曜日 消え行くあてもなく 独り舞台に泣き崩れる あぁ もう嫌だ 全て0からやり直して 回り切ったその先に いつか見た扉

荒んだ夜 眠れないレイニー 自称冷静な世界と side alley – C 0 0 見据えたナンセンス 必然の解離 僕ら また出逢えるように

 かっこいい。歌詞だけでもかっこよさが抑えきれない。普通に読んでも違和感がない。

 そして間奏。テレレレテレレレッテッテッテッテッ がかっこいい。本当に、テレレレテレレレッテッテッテッテ がかっこいいんだって。  え? なんだって? 文字じゃ何言ってるかわからない? じゃあ聴いて、どうぞ。

 

死にたくなった時にオススメの曲を紹介する

高校生 邦ロック レビュー

 もうまじしにたい〜☆彡wwwwww、って思う時は誰にでもあると思う。    そして、「クソ死にてぇ。誰か殺してくれ」って本気で思う時もあると思う。

※死にたそうな奴で思い当たったのが、この時のCharlotteの主人公()

 今回はそんな時に僕が聴く音楽を紹介したい。

忘れらんねえよ『バンドやろうぜ』

https://youtu.be/AEsRLAHfS0k

 いやー、泥くさい。最高に泥くさくて、最高にカッコイイ。だからこそ、どんなにボロボロになっても頑張ろうって思わせられる。  僕はこの曲を聴いて、世の中にはこんなに頑張っている人がいるんだ。すげぇなぁ、って思った。勇気づけられた。  そしてバンドやりたいって思った。

サンボマスター『翼が欲しい』

 この曲がDAMにないのはなぜなんだろう。世の中狂っていやがる。

 この曲はサンボマスターの中でも僕が一番好きな曲。放課後、憂鬱な気持ちで家に帰って、そしてこの曲を熱唱する。そうすると、スッキリする。

BUMP OF CHICKEN『才悩人応援歌』

 たしか、中学生の頃に初めて聴いた。そして涙を流した。自分の心の中を覗かれているかのように、当てはまった。  今でも聴いてる。この歌詞は今でもあてはまる。だからこそ頑張りたいって思う。

LiSA『now and future』

 これも中学生の頃聴いていた。

イメージを明日の向こうにずっとずっと描いて今僕は僕を信じてみたい

 このフレーズがグッときた。

 この曲を聴きながら高校受験を頑張っていたのはいい思い出だ。風呂で歌いまくったことを今でも覚えている。  僕の十八番でもある。

中島美嘉『僕が死のうと思ったのは』

 https://youtu.be/ZH-amYi7_o4

 個人的には、amazarashiバージョンの方が好きです。  多分、この曲の受け取り方は本当に人それぞれだと思う。だからあまり言うことはないけれど、僕は、なんていうか、まだ死ねないなって思った。

RADWIMPS『リユニオン』

 僕が友達の大切さを知ったのは高校生になってからだ。中学時代の友人がどれだけいい奴らだったかよくわかった。なにせ、僕は高校でぼっちだから。

 この曲を聴くと友達の大切さがよくわかります。あと、友達と一緒にこの曲を聴くとすげーこっ恥ずかしくなります。

 他にもまだまだある。けれど、めんどいから今回はこのへんにしときます。

 僕が音楽を聴いて本気で泣いたのって、たしか2回くらいだったかなぁ。1つは才悩人応援歌。もう1つは『jealous』って曲。そのうち紹介しよっと。

RHCPを初めて聞いた時の衝撃。なぜあんなに強烈だったんだろうか。

洋楽 レビュー 高校生

 Red Hot Chili Peppersというアメリカの超人気バンドがある。海外のロックバンドの中でも、日本で1番人気があるらしい。ちなみにRADWIMPSのメンバー全員がRHCPのファンで影響を受けているらしい。あまり、詳しいことは知らない。

 なにせ、僕がこのバンドを知ったのは結構最近。高校生になってからだ。

 自分でも驚きである。洋楽とか正直全然興味ない。だって歌詞がわからないし。英語の授業嫌いだし。英語は苦手。  それなのに、Red Hot Chili Peppersの『Can't Stop』を聞いた時、「やっべぇ! 超カッケェ!」って叫んだのだ。

 つまるところ、『音楽は国境をこえる』というやつなんだろう。

 そういうわけでRHCPについて調べてみたところ、ベースのフリーという人は特に凄いらしい。いや、たぶんそういう知識がなくてもわかると思う。「うわ、ベースかっけぇ」ってなる。多分。

 ほとんどの曲において、ベースがベンベンベンベン鳴ってる。めちゃめちゃ存在感がある。

 他はよく知らないけれど、メンバー全員の技術がとにかく凄いらしい。そのへんの詳しいことはよくわからないけど、個人的にボーカルの人は好きだ。  『Can't Stop』のMVでの動きが最高にいい。クセになる。『all for you〜♪』のときの顔がいい。かわいい()いや、ホントに。オッサンだけどかわいい。ぜひとも検索してみてほしい。

 あの衝撃が何故なのか、はっきりと答えを出すのは難しい。  たぶん、ボーカルの声、リズム、ベースラインといったところが理由なんだろうと思うけれど、やっぱり一番は『今まで触れたことがなかった』ということだと思う。

 つまり、僕が言いたいのは『聴かず嫌いはもったいない』ってこと。だから『RHCP』を聴いてほしいってこと。

 余談だけど、洋楽好きなやつってだいたい英語得意だよな。

ぼっちの過ごし方のススメ ~教室編~

ぼっち 高校生

 どうも。まったくかかわり合いのない女子から「え、〇〇君てクズなんだよね?」って言われたことがあります。ぼっち歴5年のなつみです。

 今回はそんな僕が、ぼっちの休み時間の過ごし方を紹介していきたいと思う。

1. 寝る

 まぁ、王道。プロぼっちの僕もよく使う時間のつぶし方。

 しかし注意してほしい。たまにウェーイ系モンスターエンカウントして起こそうとしてくる。そういうやつだいたい野球部。特に中学校に多いこの状況、ムカついても(僕のように)睨みつけたりしてはダメだ。後々の人間関係に多大な支障をきたす。  もちろん体験済み。だからぼっちなんだよね。自覚はある☆

2.読書

   これ最強。  ただし、ウェーイ系モンスターによって奪われる危険性あり。

 さて、想像してみてほしい。この時読んでいた本がラノベだったらどうなるだろう。最初のカラーイラストを広げられ、「わー、エロ本気で読んどるーーー」とか大声で言われる。特に中学生。特に野球部。 「エロ本じゃねぇよカス」などと言っても効果がない。

(僕の場合『新妹魔王の契約者』でそれをやられたから言い訳のしようもなかったけど……。)

 しかし、リスクも大きいが得られる幸福値も大きい。窮屈な教室を忘れて、本の世界に没頭できる。最高だ。

3.Youtube

 なかなか強者である。僕は通信制限が怖いからたまにしか観ない。  ちなみに好きなYoutuberはKAZUYAさん。

 高校ではウェーイ系モンスターにからまれることさえなくなりました。はい。中学時代にからんできた野球部の人、めっちゃ嫌ってごめんなさい。

4.音楽の世界にはいる

 休み時間はロック聴きながら読書しよう。読書中におすすめのバンドは『Red Hot Chili Peppers』。テンション上がる。

 読書×音楽で完全に外界と自分を遮断できます。

5.ひとりゲーム

 おすすめはひとり〇✕ゲーム。お手軽で最高にあついゲームです。

6.お絵描き

 どうせ暇なんだから、いっそのこと教室で最高にエキサイティングな同人誌(R18)でもかき上げちまおう。そして、僕にください。

 こんなものだろうか。意外とやることあるじゃん、ぼっちって。  

10年以上前の知り合いが美少女すぎてツライ

 10年以上前の知り合いが僕と同じ高校に通っている。美少女だ。しかも秀才。

 知り合い、といっても向こうは僕を覚えてはいないかもしれない。なんせ、お互いが保育園児だったころの話だ。小学校、中学校と違う学校に通い、偶然同じ高校に通っている。親同士がまだ連絡を取り合っているから、それで同じ高校に通っていることを知ったというわけ。

 最初にみた時は衝撃的だった。体操服に書かれた名字で気づいたのだけれど、めっちゃ可愛い子だった。その衝撃といったら、大谷選手の165キロが画面に赤字で表示された時のようなもの。関係ないけど大谷選手イケメンすぎだろ。そのイケメン力ちょっとわけてくれ。

 とにかくその子は可愛かった。恥ずかしい話、一目惚れだった。  けれど話しかけるきっかけも勇気もなくて、結局一度も話したことは無い。その子の母親とは文化祭のとき話したのに。あと、その子の祖父とも中学の時機会があって話をした。

 運命は残酷だ。その子の母親と話しても少しも嬉しくないんですよ僕は。むしろ惨めだ。本人とは話したことないのに、母親から「わー、大きくなったねー。覚えてるー?」とか言われてもどう反応していいかわからねぇよ。  いや普通に覚えてるわけないでしょ……。

 繋がりというのはあまりに儚い。10年なんて時間は僕らには長すぎる。簡単に消える。だからこそ普段から大切にしないといけない。繋がりを消さない努力をしないといけない。

 それでも、そんな簡単なことをもできないですよ。ぼっちって生き物は。

 ちくしょう……. 、同じ高校にいると2日に1回は見かけるんだよ……。その度に自分の不甲斐なさというか、積み上げてきた人間関係とか黒歴史とかコミュ障とかを実感してしまう。

部活やるなら運動部。心底思う。ただし美術部は例外

 僕は帰宅部だ。まぁ、つまり部活に所属していない。元は文芸部。小説とか書く部活。僕と同学年の女子が2人。ひとつ上の学年に女子3人。もうひとつ上の学年は女子3人、男子3人。後輩も女子3人、男子3人。

 女子の割合が高い。ちなみに全員ブスだ。性格もブスだ。手のつけようがない。クソッ。せめて美術部に入っていればよかった。うちの美術部の美少女はすごい。すげー可愛い子が少なくとも2人いる。 ※イメージ画像

 今年の夏頃にやめたのだけど、1番大きな理由は、部活内が窮屈だったから(女子がブスだったことも理由に含まれる)。

 表面上の中を取り繕うとして、やたらお菓子を持ってきたり、つまらないことで笑ったり、しょーもないことで暇をつぶしたり。ほんとにうざったい部活だった。

 おまけに同学年の女子2人がウザすぎてウザすぎて……。特に1人の女子、仮にMとしよう。Mはほんとにイカれたヤツだ……。Mはまず、常に首をかしげている。ななめに首をかしげているのだ。想像してみてほしい。常に首をかしげているブスを。腹立つだろう。もしわざとそれをやっているのなら、人をムカつかせるプロだ。それで商売できるんじゃねぇかな。『ムカつかせ屋』とか。星新一ショートショートにありそう。

 まだまだある。Mはカラオケが上手い。それだけならいいのだが、しかし歌は上手くないのだ。点数は取れるけど、聴き心地は最悪という魔法のような歌声。他にそんなやつ知らねぇよ。キィィイイイイイイイイイイン とおんカナキリ音を頭にねじ込まれるような歌声。ほんとにむかつく。2回ほど一緒に行くことがあったが、気分は最悪だった。聴いているだけでイライラした。そのくせ点数は高い。僕よりも。

 他にも理由はあるのだが、とにかくストレスが半端なかった。だからやめた。

 僕は中学時代、ソフトテニス部に所属していた。めちゃめちゃ楽しかった。テニスが、というよりはそこの仲間と過ごす時間が。テニスは下手くそだったから高校で続けることはなかったが、今思えば選択を誤った。

 もしソフトテニス部、もしくは硬式テニス部にでも入っていれば、『ぼっち高校生』などと名乗ることはなかったかもしれない。文化部より運動部のつながりの方が絶対強い。

 もしもまだ選択の余地がある人がいたなら、今一度考えてほしい。中学に文化部がなかったから高校では文化部に入るとか、運動が苦手だからとか、女子と放課後過ごしたいから、とかそんなくだらない理由で文化部に入ると後悔するぞ……。    ほんと、テニス部楽しかった。アニメの話で盛り上がった。テニス自体もそこそこ楽しかった。

 あぁ、あの頃に戻りたい。

学校でアニソンを聴くようになったらおしまいだ

 僕です。僕のことです。実体験です。

 僕の昼休みの過ごし方は決まっている。イヤホンで音楽(基本邦ロック)を聴きながらぼっち飯。……寂しいやつだと思うかい? 寂しいよ。

 あまりにも寂しいから、僕はアニソンを聴くことにした。癒しが欲しかったんだ。癒し、となるとすぐに思い浮かんだ。僕は『Daydream cafe』をリピート再生した。そう。言わずもがな、心がぴょんぴょんするアレだ。ごちうさは大好きさ。久しぶりに聴いたらやはり最高だった。

 癒された。けれど、まるで僕ひとりが別の部屋にいるようだった。同じ教室にいるはずなのに……。やばい、書きながら泣きそうになってきた。ちくしょう。チノかわいい。

 学校でアニソンを聴くのは別に悪い事じゃない。けれど、こう、なんていうか、悲しくなる。  出来ることなら誰かと趣味や楽しみを共有したい。それが人間というやつなんだろう。